ホワイトニング

ホワイトニングの原理について

 
過酸化尿素(Carbamide peroxide)と過酸化水素(Hydrogen peroxide) エナメル質と象牙質など歯のあらゆる部位を通過する性質に基づいています。
これらの過酸化物が分解するときにフリーラジカルが発生します。フリーラジカ ルはエナメル小柱間を通過し、歯の着色の原因である色素分子の結合を切断しま す。歯の構造は変化しませんが歯の内部の色調が明るくなります。
フリーラジカルはあらゆる方向に動き回るので、ホワイトニング材に覆われている歯面だけでなく、歯全体が明るくなります。
多くの研究により歯のホワイトニングにおける過酸化物の効果が証明されています。 エナメル質、象牙質、充填物、補綴物はホワイトニング材によってその物性への 影響を受けません。
 
 

ホワイトニングの種類

 

◇オフィスホワイトニング

診療室で処置を受けるホワイトニングです。1回の処置にかかる時間は60-90分程度、約12週間程度の間隔で数回の来院を要します。
当院ではウルトラデント社のオパールエッセンスブースト(Opalescence® BOOST)という最先端の薬剤を用いてオフィスホワイトニングを行っております。従来のオフィスホワイトニングの薬剤は塗った後に専用のライトによる照射が必要でしたが、オパールエッセンスブーストは薬剤を歯の表面に塗り、待つだけでホワイトニング効果が期待できるます。これにより患者様への負担を大幅に軽減するだけだはなく、従来のホワイトニング剤では対応できなかった光線過敏症の方も使用できます。また以前のホワイトニング剤で起こりやすかった知覚過敏が起こるリスクを大幅に軽減したり、失活歯(神経の無い歯)に対してもホワイトニング効果を示すなど、次世代のオフィスホワイトニングです。
 

◇ホームホワイトニング

ホワイトニング剤とホワイトニング用のカスタムトレーを持ち帰り、診療室外で歯科医師・歯科衛生士の指示通りに自身で行うホワイトニング方法です。
ホームホワイトニングは、好きな時間に、好きな場所で出来ます。1日2時間、ご自身のカスタムトレイ(マウスピース)にジェルを入れてはめるだけで白くなるの実感をしながらホワイトニングできます。
 
 

◇デュアルホワイトニング

この方法が一番効果的かつ長期的に白さが長持ちするホワイトニング方法です。
オフィスホワイトニングとホームホワイトニングを併用して行う方法で、オフィスホワイトニングを先行させて、エナメル質表層に存在する着色物を除去し、ある程度白さを獲得してからホームホワイトニングに移行します。
 
 
 

ホームホワイトニングの流れ 

1:チェック

歯科医師、歯科衛生士がお口の中の状態をチェックします。問題がなければ、ホワイトニング専用のカスタムトレイ(マウスピース)作成のため、お口の型をとり、マウスピースを作成します。その際に、口腔内写真の撮影も行います。すぐにホワイトニングができない場合もありますが、その際は必要な治療やお口の清掃を先に行い、その後の計画を歯科医師と相談しましょう。

2:ご説明

歯科医院において、カスタムトレイ作成が終了したらホワイトニングジェルの入れ方や、お家でのホームホワイトニング手順について説明を受けます。

3:ホワイトニング

お家で好きな時間に、時間ホワイトニングを実施します。(最長週間)途中、歯科医院に来院し、経過観察をする必要があります。

4:経過チェック

ホワイトニング終了後、歯科医院に来院しお口の中の状況をチェックしてもらいます。口腔内写真撮影を再度、行います。