審美診療

一般的な治療に加えて
上質な日常をサポートする
専門性の高い、妥協のない治療を

 
Minimal Intervention(最小限の切削で)
Maximal Outcomes(最大限の成果を)
歯科材料の目覚ましい進歩と、的確な視野を確保することにより、必要最低限の処置で最大限の効果をあげる治療が可能になってきました。当院でも日々進歩していく世界基準の審美歯科治療を提供すべく、研鑽を積んでおります。
 

  1. Aesthetic(審美的な)

近年、お口の美しさに対する関心が高まっており、悪いところを治療するだけではなく、
歯の白さや歯並びの美しさにこだわった治療が脚光を浴びています。口元の悩みやコンプレックスが解消されると、自然と性格も明るくなり、質の高い日常生活が送れるようになるでしょう。
当院ではセラミックスを用いた治療にも力を入れており、国内でもトップクラスの技工士が技工物の制作にあたります。患者様、歯科医師、歯科技工士が三位一体となり治療にあたることで満足のいく結果が得られます。
 

  1. Functional(機能的な)

見た目を改善しただけでは本当の審美歯科のゴールは達成されません。
人間の口の大きな役割は「噛むこと」が大きな役割です。口の中は常に湿度で満たされ、奥歯であれば体重の何倍もの力が加わる過酷な環境であるため、機能的な面で不備があると、せっかく治療しても、補綴物が壊れたり、取れたりします。
当院では機能的な側面から、噛み合わせを診断してから治療を行うことで、機能的かつ審美的な治療を実現することが可能です。また噛み合わせを診断、治療することにより
顎関節症や、歯ぎしりの根本的な原因を取り除くことにもなります。
 

  1. Biomimetic(生体模倣的な)

審美歯科といってもただ白ければいいというものではありません。ヨーロッパ諸国では人工的な白さよりも、生体が本来持つ白さこそが美しいとされます。
当院ではお顔と口元のバランスに配慮しながら歯本来が持つ機能を回復し、自然で美しい口元に見える治療を行うことが可能です。