セラミック治療

セラミック治療とは

セラミック治療による審美修復は、補綴物である人工の歯で審美性を改善する治療になります。歯科治療で使用する銀歯などの素材と比べ、セラミックは審美性、機能性などの面で優れた歯冠修復です。

通常の銀歯の欠点

歯垢が溜まりやすく、二次虫歯になりやすい

 金属には温度による伸縮性があり、表面に汚れが付着しやすという大きな欠点があります。伸縮した際にできる隙間に虫歯菌や汚れが付着し二次虫歯を引き起こす可能性があります。また銀歯は、イオン化しないセラミックスに比べて歯周病細菌なども吸着し易く、口腔内にとって好ましい修復物ではありません。
 

 
審美的に好ましくない 
銀歯は保険適用で安価な代償として、審美的に好ましくない点があります。
 
無意識に大きく笑うのを控えてしまったり、口を閉ざして笑うようになることがありますが、このようなことは精神衛生上も好ましくありません。
 

セラミックの種類

 
セラミック治療にはいくつかの治療法があります。歯冠修復によるセラミック治療には、主にセラミッククラウン・ラミネートベニア・セラミックインレー・ダイレクトボンディングの4つの治療法があります。
この4つの治療法に対して、どの素材を使用するかを患者様と相談して決定してまいります。
 

セラミッククラウン

虫歯が大きいときには人工の歯を被せる必要があります。 この人工の歯をクラウンと呼びます。
保険診療では、前歯6本には金属の裏打ちにプラスチックを貼り付けた硬質レジン前装冠を、その他の歯には通常“銀歯”を使用することになっています。

これに対して、審美性が高く、虫歯の再発リスクも低い歯冠修復材料が「セラミック」です。
 
光を透過し、光沢のある質感で非常に美しく、変形したり錆びたりすることのない体に優しい素材です。

従来までのセラミッククラウンは強度を保つ為、金属のフレームの上にセラミックが焼付けてありました。しかしながら近年開発されたセラミック素材は金属のフレームを使用しなくても十分な強度が保てるようになりました。金属を使用しない為、審美性が一段と向上し、また金属の腐食がないため色調の安定性も向上しました。金属アレルギーなどでお困りの方にも安心して使用できる材質です。とにかく自然な仕上がりや透明感を求める方におススメです。

従来のセラミックの3倍以上の強度。金属をも超えた、ダイヤモンドに近い強度を誇り、曲げ強度が非常に高いため、硬さと欠けにくさ、割れにくさを、兼ね備えています。高い透過性による、透明感あふれる白さ。金属を使わない、体にやさしい治療が可能です
欠点としては、セラミックスのクラウンに比べると色調が単一な為、わずかに審美性に劣ります。

天然歯に色が似ているので見た目が良く、内面に金属を使用しているので丈夫で割れにくくほとんどの部位に使用できるが、歯の裏側からは金属が見える短所もあります。
こちらは被せ物や差し歯の全体をセラミック材料で覆い、内側を金属で補強した被せ物、差し歯です。
 

セラミックインレー

歯の神経まで到達していない比較的小さい虫歯の場合、虫歯を削った後に詰めもので削った箇所を補います。この詰めもののことをインレーと呼びます。
保険診療では、パラジウムという金属のインレー”通称「銀歯」”を使用します。銀歯は金属色が目立つだけでなく、経年劣化が激しく、錆びたり変形し、細菌も付着しやすいため、虫歯再発リスクが高い素材です。
世界的に見ると、この銀歯を未だに一般的に使用している国は非常に珍しいようです。

世界的にも通常使用される歯冠修復材料が「セラミック」です。セラミックは、審美性が高いだけでなく、虫歯再発リスクの低い、非常に優れた素材です。

e.maxは、「審美性」「耐久性」を兼ね備えた、新世代のセラミックインレー(詰め物)です。従来のセラミックに比べて、あらゆる面で優れた特性を持ち合わせており、最高品質のセラミックインレーとして高く評価されています。
強度・耐久性はもちろん、審美性でも天然歯のような半透明性や明度を備えており、他の歯に合わせて最適な色が選べます。また、生体親和性が高いので金属アレルギー等の心配もありません。

ハイブリッドセラミックと呼ばれるレジンプラスチックとセラミックの中間素材のインレー(詰め物)です。100%セラミックの詰め物と比べると比較的安価で、適度な柔らかさと美しさを備えおり、噛み合う歯にも優しい素材です。
経年変化と共に、唾液や飲食物の色を吸収し変色が起こる場合があります。

 

ラミネートベニア

ラミネートべニアとは、歯の表面を薄く削って、セラミックで製作した薄いシェルを貼り付ける治療法です。
「歯の色をもっと白く」「歯の形を整えたい」「隙っ歯を治したい」といった要望にお応えすることができます。
同様の目的で行われるセラミッククラウンに比べ、天然の歯を削る量が少なく、治療回数も少ないためオススメです。
また歯の変色が強くホワイトニングの効果が薄い場合は、ラミネートベニアによって歯をセラミックで覆い、色調を大きく改善することが可能です。
※歯列等によってラミネートベニアを適用できない場合があります。
 
当オフィスではまず模型上で診査、診断をし、おおまかな治療の予想をコンサルティングしてから、最小限の切削を行ないます。
主にニケイサンリチウムを主成分としたプレスセラミックスのベニアを使用し、国内のトップクラスのテクニシャンが製作にあたります。ラミネートベニアは全て被せてしまうクラウンよりも色調のコントロールが難しく、テクニシャンにも熟練した技術が求められます。
出来上がってきたラミネートベニアをマイクロスコープやルーペを使用し、最新の接着材料と接着技術で接着していきます。
当院では接着に関しても、欧米の材料を使用し、適切なエビデンスに基づいた世界基準の技術を提供致します。

ダイレクトボンディング

ダイレクトボンディングとは、セラミックに近い審美性を持つハイブリッドセラミックを直接歯に盛り付けて硬化させる治療法で、詰め物をしているかどうかわからないくらいの仕上がりが期待できます。
色調が奇麗なのはもちろんですが、セラミックスに近い材料なので天然歯に近い硬さがあり、機能的にも安心です。
 
保険診療で使用するのレジン(プラスチック樹脂)と比べ、色彩の選択肢が多く、透明感や光沢のある質感が美しく、変色も少ない優れた素材です。
直接歯に盛り付けていくため、歯の型取りを行う必要がなく、治療回数も少なくすることができます。
隙っ歯の審美的改善や、変色したレジン樹脂の取り替え、小さな虫歯を目立たずに治療したいケースなどで適用となります。
  
また、従来のコンポジットレジン(保険適用の治療)では色の種類が数種類ですが、ダイレクトボンディングでは数十種類の中からオーダーメイドで絵具のように色を組み合わせ色調や形態を再現していくことができるのです。
 
当オフィス院長は、勤務医時代より侵襲の少ない治療を常に念頭に置いて治療をして参りました。ダイレクトボンディングは、適応症のみ厳守すれば、最小限の切削で、なるべくご自分の歯を温存し、かつ機能的、審美的に形態を回復させる最適な手段です。これは最高のBiomimetic(生体模倣的な)な治療の一つであるといえます。
当オフィスでは最先端かつ、最適な材料(コンポジットレジン)を使用し、確実な視野のもと処置をしていきます。

院長は欧米諸国(イタリア、スペイン、オーストラリア、ブラジル)の世界的に著名なドクターと共に最先端のダイレクトボンディング技術を習得していますので、安心して治療を受けて頂けます。