インプラント

インプラントとは

インプラントとは、歯をむし歯や歯周病、外傷などで失った場合に、義歯が簡単には外れてこないように、抜けたところに、インプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工の歯を取り付ける治療です。
 
従来は歯を失った場合にはブリッジといって、なくなった歯の両隣の歯を削ってない部分の歯をつくったり、取り外しの義歯(入れ歯)を作っていました。ところが、ブリッジについては失った歯を作る為に両隣の歯を削ることにより、削った歯の寿命が短くなったりすることがあります。また、取り外し型の入れ歯は、堅い物を噛むと痛みがあったり、噛む度に入れ歯が動いたりして、必ずしも快適な使用感が得られる訳ではありません。
 
そこで自分の歯と同じ感覚で食事やスポーツなどの生活を行えるように、インプラント治療が存在しています。

当オフィスのインプラント治療

マイクロスコープを用いた超精密な治療

インプラントは骨の量や位置に問題がなく、内科的に健康な方であれば信頼性の高い治療法であることが解っています。しかしインプラント治療にはたいへん細かい工夫が必要で、インプラントを入れる位置を細かく規定したり、歯肉の位置をコントロールしなくてはなりません。その為肉眼では把握できない細かい神経などを確実に把握しながら治療を行う為、当オフィスではマイクロスコープを使用します。
 
当オフィスでは世界的にも有名なカールツァイス社製のマイクロスコープを導入し、診査・診断から治療、メインテナンスまで幅広く使用しております。

 

歯科用3DCTを用いた事前計画

3 次元CT では従来の2 次元レントゲン撮影では見えなかった立体的な位置関係や骨の構造が確認でき診断の精度が飛躍的に向上します。
あごの骨質、骨量、骨形態、神経や血管の位置を3次元的に詳しく検査し、すでに病巣がある場合はその範囲の確認もできます。
 
また、今日のインプラント治療ではCTの撮影が必須とされており、高い精度で適切な診断や治療方針が決定できます。


徹底した世界水準の衛生設備

歯科用器具の洗浄には、ジェットウォッシャーによる洗浄/除菌システムを用いております。この洗浄だけでも消毒は充分とされていますが、さらに当オフィスではオートクレーブ(高圧蒸気滅菌器)を用いてさらなる衛生面に力を入れています。また使用する器具は個別包装をし、使用直前に開封いたしますので安心して治療を受けていただけます。

 

40年以上の歴史 世界シェアNo1のストローマンを使用

ストローマンはスイスのベルン大学とストローマン研究所との協力で開発、1974年に臨床応用された、歴史ある信頼性の高いインプラントです。
インプラント歯科学、修復歯科学および口腔組織再生領域のグローバルリーダーとして世界で活躍しており、当オフィスではインプラントシステムの中で最も"骨との整合性が高い"材料だと考えています。

 

インプラント治療の流れ

1. カウンセリング

担当ドクターと専門スタッフから丁寧な説明とカウンセリングがあり、時間をかけて親身に治療計画を立てていきます。

2. 精密検査

マイクロスコープやCTなどの精密機器用いて、手術に必要な模型や資料を揃えていきます。

3. 治療計画の提案

見積もりや手術計画が出来上がります。

4. インプラント埋入

インプラントを埋める手術を行います。

5. 待機期間

待機する期間があります(3ヶ月から8ヶ月)
※患者様の骨の状態により埋入した当日に仮歯までセットする治療方法もあります。 

6. 仮歯の作成

埋めたインプラントに仮歯を作成していきます。

7. 型取り ⇒ 本歯作成

また型取りをして、本歯を作成していきます。

8. セット

正式な歯がセットされます。

9. アフターケア

半年から1年でのメンテナンスとなります。

インプラント治療のメリット

 
メリット1. 周りの歯を削らない
歯を失った部分をブリッジ治療で行うと周りの歯を削る必要があります。
歯は一度削ってしまうとやり直し続けなければいけません。
インプラント治療を行うことによって残っている歯を削らず、綺麗な状態で維持することができます。
 
メリット2. 周りの歯の負担を軽減できる
歯を失った部分に入れ歯やブリッジ治療を行うと、残っている歯に大きな負担がかかり寿命が短くなってしまいます。
インプラント治療をすることによって残っている歯の負担を軽減し、周りの歯が揺れてくることや、割れてしまうのを防ぐことができます。
 
メリット3. シンプルな治療が出来る
ブラッジや入れ歯の場合、土台にしている歯が虫歯や歯周病になってしまうと全てをやり直す必要があります。
3つ繋がっているブリッジだと、3つの被せ物を全て外してやり直さなくてはいけません。
インプラントの場合はそれぞれ独立しているものが多いので、悪くなった部分だけを治療すれば済みます。
 
 

インプラント治療デメリット

 
デメリット1. 外科手術が必要
インプラントは骨の中に人工歯根(インプラント)を埋め込む治療です。
部分麻酔を使用した外科処置が必要です。
腫れや痛み、場合によっては内出血などが起こることがあります。
また、手術の時、大きな神経や血管を傷つけてしまうと出血が止まらなかったり、麻痺が残ってしまうことがあります。
 
デメリット2. メンテナンスしないとインプラント周囲炎(歯周病)になる
インプラントはメンテナンスを怠ってしまうとインプラント周囲炎で抜けてきてしまうことがあります。
インプラントも歯と同じように歯石が付きます。
インプラントは歯よりも防御する力が弱いため、インプラントの周りに細菌が残っていると、歯茎が腫れたり、膿が出たり、揺れてきたりすることがあります。
 
デメリット3. 時間がかかる
インプラントは治療をしてすぐに被せ物が入るものではありません。
CT検査や噛み合わせの確認、インプラントが骨と付くのを待つ期間など最低3ヶ月程度はかかります。
 
デメリット4. 保険診療でできない
インプラント治療は一部の特殊な場合を除いては保険診療で行うことはできません。
自費診療となり1本あたり30万円から50万円程度かかります。
 

安全・精密で清潔なインプラント治療を

インプラント治療で最も大切なことは「安全・精密で清潔な治療であること」です。
術前の全身状態のチェックや、お口の中の状態をCTや模型を使って、どれだけ精密にシュミレーションできるかが、安全で確実な治療を行うのに不可欠です。
また当オフィスではインプラント治療における基本を徹底し、マイクロスコープを使用した確実性の高い手術を実現しております。